社会学の特徴と学びの方針

社会学専修の紹介

[ 特徴と方針 | 教育組織 | 教員紹介| 沿革| 就職状況]


社会学は人間が行う行動を社会的な側面から研究する学問です。

人はひとりでは生きてゆけず、他人とかかわり、様々な集団や組織をつくって生活しています。友人、恋人、家族などの私的な領域から、地域、NPO、学校、病院、職場などの公的な領域にいたるまで、人はこうした関係や活動に無意識に影響されていたり、さまざまな意味を見いだしたりするとともに、そこでさまざまな問題が生じたりしています。社会学はこれらの現象や問題について理論研究や社会調査を通じて明らかにしていく学問です。

つまり社会学とは、わたしたちが社会で営んでいる様々な行為や人と人との関係、そられが形づくる全体社会の構造と変化を研究の主題とし、それとの関連で個人のパーソナリティーや文化のありさまも研究対象とする学問です。社会学の具体的な研究領域は、行為、規範、集団、組織、社会システム、コミュニケーション、文化、社会意識などの理論的研究から、家族、地域、国際比較、企業、職業、消費、環境問題、差別、交通、余暇、青年文化などの実証的研究まで広汎な分野に及んでいます。

■■■
社会学講座での学びの特徴は、文献の学習を通して理論や概念を習得するとともに、社会調査を通じた実証的な研究スタイルを重視していることです。カリキュラムは、4年次の卒業論文の作成に向けて、3本の軸によって構成されています。

(1) 講義:社会学の基本的な考え方を学ぶ「社会学概説」、社会学の理論を学ぶ「理論社会学」、社会学の様々な専門分野を学ぶ「家族社会学」「地域社会学」「医療と福祉の社会学」「ジェンダーの社会学」「産業社会学」など。多くは、各専門分野の重要な考え方や現代的なトピックについて教員が紹介するスタイルです。履修生の数は、授業や年度によって異なりますが、50名前後ですので、質問や教員からのフィードバックも得やすい規模です。

(2) 調査:2年の前期に、社会調査の基本的な考え方と、主に定量的調査・量的調査(アンケート調査+統計的分析)の方法を学び(社会調査概説a)、後期に定量的調査の演習を行います(社会調査概説b)。また、定性的調査・質的調査(インタビュー調査、参与観察ほか)の方法を学ぶ授業(生活史の社会学)があり、定量的調査・定性的調査の両方をしっかりと学ぶことができます。3年次に、社会の現実に直接ふれるために、共通の地域やテーマを定めて、教員と学生全員で実地調査を行います(社会調査実習)。そこでは学生が主体的に調査を設計・実施し、研究成果を報告書にまとめています(これまでの報告書はこちらをご覧ください)。「社会調査実習」は、1年間の調査活動を設計する企画力、文献などで学んだ知識を現実社会の考察に応用する力、現地・現場に出向いて資料収集やインタビュー等を行う行動力、データから社会を読み解く思考力、これらをグループワークで深める協力する力などを総合的に養う貴重な機会です。なお「社会調査概説」と「社会調査実習」は、社会学専修の学生のみを対象としています。

(3) 演習:演習科目も社会学専修の学生のみが対象です。「演習」は、履修生の誰かが文献の内容や自分の調査研究の成果をまとめて発表し、その授業の履修生全員でディスカッションを行うという学生主体の授業です。教員は進行や助言という補助的な役割を担います。2年次の「社会学研究法」から始まり、3年次に「社会学演習」、4年次に「卒業論文特別演習」へとステップアップします。また、3年次に、英語で社会学の文献を読む「社会学原書購読」もあります。

■■■
なお、社会学は、多くの高校生にとって馴染みの薄い学問かと思います。社会学専修がある「行動科学コース」では、1年次では専修に分かれず、5つの専修の「基礎」科目(社会学基礎、哲学基礎、認知情報科学基礎、心理学基礎、文化人類学基礎)を履修します。また、普遍教育(一般教養)でも社会学の授業を1年次から履修することができますので、自分のやりたいことが絞り切れていない人も、行動科学コースのなかでじっくりと考えることができます。

学生のみなさんが、社会学を通して人間の社会生活に対する関心を深め、その解明に自主的・積極的に取り組むことを期待しています。