教育組織

講座紹介

[ 特徴と方針 | 教育組織 | 教員紹介 | 就職状況]


千葉大学文学部社会学講座の教員は、学部と大学院(博士前期課程、博士後期課程)に、以下の通り所属して教育研究を行っています。
なお千葉大学には他に、国際教養学部(2016年度開設)、教育学部などにも社会学を専門とする教員がいます。


学部の教育組織(学生が所属する組織)
文学部は2016年4月に改組し、2016年度以降の入学者が学ぶ組織の名称は下記のようになっています。
(  )内は改組前(2015年度以前の入学者が学ぶ組織)の名称です。

千葉大学 文学部

  • 人文学科 行動科学コース(行動科学科)
    • 哲学専修(哲学講座)
    • 認知情報科学専修(認知情報科学講座)
    • 心理学専修(心理学講座)
    • 社会学専修(社会学講座) 西阪・米村・清水・出口・鶴田・吉岡各教員が担当
    • 文化人類学専修(文化人類学講座)
  • 人文学科 史学コース(史学科)
  • 人文学科 日本・ユーラシア文化コース(日本文化学科)
  • 人文学科 国際言語文化学コース(国際言語文化学科)

平成31年度の入試案内は、こちらへ。
行動科学コースの入試には、一般入試(前期日程、後期日程)と特別入試(推薦入学、私費外国人留学生、三年次編入学(他大学を2年生まで終えてから、あるいは短期大学・高等専門学校を卒業してから行動科学コースに編入学)、先進科学プログラム(高校2年生から飛び級で入学))があります)。なお、行動科学コースでは社会人入試を実施していません。


大学院 人文公共学府
千葉大学では、2017年4月に「人文社会科学研究科」を改組し、「人文公共学府」を設置しました。

博士前期課程(修士課程)
人文科学専攻基盤文化コースほかを担当し、下記のような科目を開講しています。
担当は、文学部の西阪、米村、清水、出口、鶴田、吉岡各教員と、国際教養学部の五十嵐洋己、佐々木綾子、白川優治、福田友子の各教員です。

    社会的相互行為論
    家族社会学
    性現象の社会学
    医療・福祉社会学
    国際社会福祉論
    国際社会学
    地域社会学
    教育社会学
    社会階層論
    計量社会学
    社会調査論(学部等で「社会調査士」資格を取得した院生を対象。「専門社会調査士」に対応)
    ほか

入試情報についてのご案内のページもご覧ください。
平成31年度入試情報は、こちらの「博士前期課程《冬季選抜》」をご覧ください。。


後期博士課程
人文公共学専攻 人文科学コース 行動科学分野を担当しています。
担当教員は、西阪、米村、清水、出口、鶴田各教員です。

入試情報についてのご案内のページもご覧ください。
平成31年度入試情報は、こちらの「後期博士課程《冬季選抜》」をご覧ください。